www.holz-partner.net

先日、映画を見ました。その映画は実話です。 レオナルドディカプリオ主演で、お金も主なテーマの一つです。主人公はお金を持つが故に傲慢になる人物として描かれていました。 お金は持てば傲慢になるかもしれませんが、寄付等して傲慢にならない人もいます。 著名なお金持ちで、スケールの大きな寄付をしている人がいます。本当にお金の使い方を心得た人物だと尊敬します。 しかし、その一方、お金を借り過ぎて返済に滞る人もいます。 お金は借りたら、必ず返済しなければなりません。 もし、返済が滞れば破産して、法的手続きをふみ借金を免除してもらう事になります。 はからずも借金をしてしまい、アンハッピーな結果になってしまった。 精神的にも本人には辛い事だと思います。 実際、私の周囲で破産した人がいます。しかし、その人はアンハッピーではありませんでした。 その人は、お金を借り返済しなかったので、法的手続きを踏んで破産しました。 私は、その人はよほど精神的にダメージを受けているだろうと思っていましたが、案外ケロリとしていました。 次の人生を謳歌している様です。 私は、その人を見て、「これもありかな」と思いました。 法的に破産しても明るく生きる事は大切だと、それは良い事だとその人を見て納得しました。(*^_^*)

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.holz-partner.net All Rights Reserved.